首イボをハサミで切るデメリットは多い!薬か化粧水で取る方法にしました

首イボを自分で取ると決めたのですが、方法はハサミを使って切ることにしました。
結論からいうと切除する方法は止めることにしました。

デメリットが非常に多いのですよね。

ここではハサミで切るデメリットとしてはどんなことがあったのか?
何故他の方法を選ぶことにしたのか?

以上の体験談を紹介をしていこうと思います。

この記事は体験談の2話目です。

首イボの取り方や自分で取る方法を選んだ理由に関しては1話で紹介をしています。
首イボを自分で取る体験談1話:首のイボを自分で取ると決意

首イボをハサミで切り取るデメリット

首イボをハサミを使って切るデメリットとしては2つあります。

傷跡が残ることがある
痛みを伴うことがある

ハサミを使って切除する方法は皮膚科の治療方法としても利用がされています。そのため、わたしも自分で取る方法として選びました。

しかし、病院の医者が行うのと経験もない素人のわたしが行うのとでは別問題です。

ハサミも消毒がされている訳ではありません。そのため、ばい菌が入り込んで別の肌トラブルに悩まされることもあります。なにより、首イボのどの部分を切り取れば良いのかも分かりません。

もともとは皮膚から排出されるべき角質です。そのため、切除をしても問題がある訳ではありません。
しかし、どの部分から切り取れば良いのかは全く分からないのですね。

浅く切ってしまうと肌を傷つけるだけで意味がありません。
深く切ってしまうと傷跡が残ったり激痛がはしることもあります。

ハサミを使って切除する方法はすぐにでも行えて費用も掛からないのですが、デメリットが多いのですね。
なにより切り除いたとしても本来の首イボの原因であるターンオーバーの乱れを解決ができている訳ではありません。

そのため、再発することが非常に多いだけでなく、傷跡と痛みのデメリットが2つあるのですね。

ハサミではなく薬か化粧水を使うことにした理由

首イボを自分で取る方法としてハサミで切り取る方法を選んだのですがやめることにしました。
その理由としては3つあります。

医療の専門である医者ではない
深く切って真皮まで傷つけると傷跡が一生残る
再発をするので結局はケアが必用

傷跡や痛みもあるのですが、きっぱりとあきらめた原因としては再発をするのでケアが必要なことです。
試しに痛かったら止めてみようなんて考えてはいたのですが、結局、ケアをしなければ意味がないのを知りました。

全く原因を解決できていないので首イボが沢山増えてしまうのですね。
実際にわたしの現状も首に角質粒がぽつぽつと20個ぐらいあります。

痛い思いや傷跡が残るリスクを負ってもそれでは意味がないと思ったのが大きな理由です。

そのため、自分で取る方法として薬か化粧水を使うことにしました。
この2つの方法であればハサミで切るデメリットとは違い、痛みや傷跡の心配も必用ありません。

それどころか肌の改善をすることで原因であるターンオーバーの乱れの解消を行うこともできます。
ようするに予防も同時に行うことができるのですね。

以上の理由からハサミではなく薬か化粧水を使って首イボを自分で取ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です