20代や30代におすすめの首イボの取り方!価格が安く自宅で簡単にケア

首イボは別名で老人性イボと呼ばれ、アクロコルドンやスキンタッグとも呼ばれます。
その名の通り年配の男性や女性に発生がしやすいのですが、20代や30代でもぶつぶつとできてしまうことがあります。

特に若い年齢だとアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる、ニキビのように小さなイボがぽつぽつとたくさんできてしまう症状が多いです。

しかし、高齢の方に比べ20代や30代の若い年齢だと現役で働いていますし、あまり時間をさくことも難しいです。

ここでは最後のまとめとして20代や30代におすすめの首イボの取り方について紹介しようと思います。若い年齢から悩まされるイボをどうにかしたいって人はご覧頂ければと思います。

20代におすすめの首イボの取り方は自宅ケア!安くて手間がかからない

20代や30代の現役で仕事がある世代におすすめのイボの取り方としては自宅でのケアです。

自宅ケアがおすすめの理由はいくつかあるのですが、大まかにすると費用が安いのと手間がかからない点です。
そして、跡が残るや痛みなどの副作用の面があげられます。

自宅でのケアとしては市販の薬、クリーム、オイルなどの化粧品などがあげられます。
この中でもおすすめは私も行ったクリームを使った方法です。

イボ取りクリームは様々のが販売がされていますし、価格も安くて効果があったと評判の良いのも増えてきています。
安かろう悪かろうではなく、安価で売られている方が評判が良かった物もあります。

通販を利用すれば都会に住んでいなくても人気のが簡単に手に入ることができ、全てが自宅で完結するので面倒な手間が一切かからない方法です。

効き目を感じている人も多い取り方!イボ取りクリームにはどんなのがある

クリームで自宅ケアをしようと思うと最も気になるのが本当に効果があるのかです。
この点は実際に口コミなどを見ても分かるように、もちろん効き目を感じている人もいれば、取れなかった人もいます。

ただ、総合的に見れば評判が圧倒的に良いのがあったりします。

結論から言えばクリームを使って首イボをケアする効果はあります。
但し、それは症状やどれだけ原因の解消をできているかなど人にもよって異なってきます。

たとえ症状が酷くても原因となっている紫外線対策や生活習慣である寝不足や食生活を少しでも改善すれば、効き目があった人もいます。逆にクリームを使えば取れると勘違いをして、イボができたのに普段の生活をそのまましていれば取れない人もいます。

人気のクリームなどについては下記が実際に使った口コミなどを紹介しているので参考にすると良いでしょう。

首のアクロコルドンを取りたい!アクロコルドンの取り方

他の治療方法としてあるのが病院での治療!但し高額で手間もかかる

美容皮膚科へ行けばレーザーでの治療もありますし、皮膚科で液体窒素を使った治療方法もあります。

しかし、レーザーだと保険が適用されず高額な治療費がかかりますし、カウンセリングなどで日数も休日を使う必要もでてきます。
また、皮膚科での液体窒素であればまだ価格は安くはなるものの、怖いのは痛みと副作用としての跡が残ることです。

いくらイボが取れたとしても跡が残ってしまえばしょうがありません。
特にイボの数が多いければ多いほど悩みの種ともなります。

医師に相談できるってのが最大のメリットであり、その場で強制的に除去してしまうので即効性もあります。
しかし、20代のような恋愛など人付き合いをしていく期間もまだ長く、費用と時間のない人だと厳しい面があります。

液体窒素での取り方だと跡も残るので仕事がある人には厳しい面もある

価格の面と即効性の面を考えれば液体窒素はおすすめの取り方ではあります。
しかし、デメリットとしてあるのが跡が残る点です。

液体窒素での治療後に関しては治療をした部分が赤い跡として残ります。
そのまま消えることもありますが、赤や黒い跡として残ってしまうこともあります。

これは皮膚の表面である表皮ではなく、真皮まで刺激を与えて傷ついたり、メラニンが色素沈着したのが原因です。
真皮は表皮と違い新たな細胞は作られないので、治療後の後がそのまま残ってしまうのですね。

また、治療中に痛みを感じることからも分かるように、皮膚へ刺激を与えている治療方法なのですね。

まとめ

液体窒素は保険も使えて医師に相談しながら治療できる方法です。
しかし、20代や30代などまだ恋愛をしたりと先が長い人だと跡が残るリスクはおかしたくないと思います。

それなら急がずにまずはイボ取りクリームなどを使ってケアをしていくのがおすすめです。
そして、どうしても体質や遺伝などで症状が改善されず効き目を感じることができない。

そうなった最終手段として病院での手術を考えるのが20代にはおすすめかと思います。
アクロコルドンやスキンタッグなどのイボが首や顔にあるよりは、まだ黒い点や赤い点がポツポツと跡として残っていた方がまだましですからね。

首イボは取れて予防もできた?首イボ体験談の最終話

20女子の首イボ体験談の最終話です。

これまでの流れとしては首のイボをハサミで切ろうと思ってみたものの、リスクが高すぎるのはやめる。
そして、化粧品を使ってみることにしました。

3週間目ごろには効き目があらわれたのか首のイボにもだんだんと変化が現れていきます。

この記事はその後の経過報告となります。

首イボは最終的に取れたのか?
また、再発することは無かったのか?

体験談の最終話へと入っていきます。

首イボは取れたのか?化粧品を使ってからの経過報告

化粧品を首のイボに使いはじめて3週間がたった頃には黒くなっていました。

それから、だんだんとシワシワした感じでイボが柔らかく変化をしてきました。4週間がたった頃になると、ちょっとづつイボの数が減っていくのを感じるようになります。

鏡を見たけど、首のイボの数が減っていたような感じがしたんですよね。とはいえ、正確な数を数えていた訳ではありません。

しかし、翌日の夜にお風呂に入った後にいつものように化粧品を使ってケアをしようと思った所、半分ぐらいになっていました。

正確な数をわざわざ数えるようなことなんてしませんでしたが、あきらかに減ってるのが分かるくらい取れています。

最終的には全部、ポロリと落ちてくれました。

首イボに化粧品を使って取ることができたのですね。

首イボの予防はできた?再発をしたのかについて

前回の話でも書きましたが、首イボは再発をすることが非常に多いです。

イボが取れたとしても、今まで通りに生活をしてはまた、角質は皮膚に少しづつ残ってしまいます。最終的にまたポツポツと発症をしてしまうのですね。

そのため、首イボ用の化粧品は2個目の使いはじめぐらいには取れたのですが、使い続けています。

結果的には3ヶ月たちましたが、再発はしていません。
しっかりと予防としての効果もあらわれていたのですね。

ハサミで切る方法を試さずに良かったと思いました。

首のイボを自分で取る体験を終えた感想

わたしの場合は首でしたが、これが顔だとしても変わらなかったと思います。首のイボである老人性イボは年を取ると発症する人が急増をしやすいといわれています。

しかし、自分でもきちんとケアをすれば取れるのは分かったので恐れる必要はないんだなと思います。

最終的に化粧品を使ってイボは取れましたが、これから再発する可能性はない訳ではありません。そろそろ、首イボ用の化粧品を使うのは止めようと思っていますが、ちょっと再発をしないか心配ではあります。

もしも、また首のイボが発症したのであれば、ブログで新しく記事を書こうと思っています。問題が無ければこれでわたしの体験談も終わりとなります。

調べた知識を紹介していこうとは思いましたが、このブログはあくまで20代女子の首イボ体験談で終わらせておこうと思います。今までありがとうございました。

わたしが使った首イボ化粧品について

最後にわたしが使った化粧品について紹介をしておこうと思います。

具体的な商品名を出してしまうと、ステマのようでこの体験談の価値も薄れてしまう気がします。
そのため、あえて商品名は出さずにいこうと思います。

首イボの化粧品は人気のであれば2種類あります。

どちらも通販限定での販売となっていますが、そもそもが薬局やドラッグストアで首イボ用のヨクイニンが配合されたのは見つけられませんでした。
私もそうですが、首イボに悩んでいる人の多くが通販で化粧品を購入しています。

また、自分で首イボを取る為には薬を使う方法もあります。私は化粧品を使いましたが、人によっては薬の方が良いってこともあります。

メリットやデメリットが異なってくるので、あなたにあった方法で行って見てはどうでしょうか!?

首イボに化粧品を使ってみた体験談!首のイボは自分で取れた?

首イボの体験談の3話目となります。

首イボを自分で取ると決めた私ですが、調べてみるとハサミを使うのはリスクが非常に高いことが発覚しました。

そのため、別の方法を探していた時に見つけたのが首イボ用の化粧品です。

学生時代にニキビ用の化粧品を使ったことはあったのですが、まさか首イボ用もあったとは・・・。

そんなこともあり、首イボの化粧品を使ってみることにしました。

首イボに化粧品を使った体験談

早速、首イボに化粧品を使ってみることにしました。

薬局やドラッグストアも探したけど、どこも取り扱いはしていないみたいです。今だと通販でしか購入できないのではないかと思います。

私の首イボは1個ではなく、沢山ありました。そのため、軟膏のようにイボのある箇所ではなく、首全体に塗りたくることにしました。首イボが増えた理由も一部分だけ角質が残ってしまうことは考えられないですからね。

これで取ることができれば良いのだけど、すぐに効き目がでるはずはない。とりあえず1ヶ月使ってみてなんらかしらの変化が起きたのであれば、そのまま使い続けてみることにします。

一時的に取れたとしても首のスキンケアができていなければ、また、ポツポツと増えてしまいますからね。

そのため、化粧品の効果を感じたのであれば予防する意味でも使い続ける必要があるのですね。とはいえ、何より効き目を感じなければ意味がない訳なのでまずは様子見です。

【感動】首イボが化粧品の効果で黒くなってきた

首イボに化粧品を毎日使うようになって3週間が経つ頃の話です。

肌とほとんど同じ色をしていたのですが、だんだんとイボの色が黒っぽく変化をしてきました。もともと、商品の購入時に入っていたチラシにはだんだんと黒くなって、最終的にポロリと落ちると書かれていました。

もっと時間がかかるかと思っていたのですが、効果があらわれはじめたのですね。

率直な感想としては、もっと効き目を感じるのは時間がかかると思っていました。今までにニキビような肌トラブルにも悩まされましたが、治すまでに半年はかかったと思います。

1ヶ月使ってみて多少の変化があらわれれば嬉しいと思ってはいたのですが、予想以上に早かったです。正直、感動する映画を見ている時のように涙がでてきました。

首イボがあったことによって、好きな服も切れませんでした。
朝の通院で電車に乗っていると首への視線も感じることもありました。

あれだけ悩んでいたけど、首イボを取ることはできるのだと・・・。わたしのように首イボに悩んだことが無い人からしたら理解ができないかと思いますが、きっとこのブログを読んでいる人なら分かるはず。

首イボがまだ取れた訳ではありません。
けど効き目を感じることはできたので、後は毎日かかさずスキンケアをしていきます。

購入時に入っていたチラシに書かれていたようにいけば、この後はだんだんとシワシワになって、気づいたらポロリと落ちているはずです。

首イボをハサミで切るデメリットは多い!薬か化粧水で取る方法にしました

首イボを自分で取ると決めたのですが、方法はハサミを使って切ることにしました。
結論からいうと切除する方法は止めることにしました。

デメリットが非常に多いのですよね。

ここではハサミで切るデメリットとしてはどんなことがあったのか?
何故他の方法を選ぶことにしたのか?

以上の体験談を紹介をしていこうと思います。

この記事は体験談の2話目です。

首イボの取り方や自分で取る方法を選んだ理由に関しては1話で紹介をしています。
首イボを自分で取る体験談1話:首のイボを自分で取ると決意

首イボをハサミで切り取るデメリット

首イボをハサミを使って切るデメリットとしては2つあります。

傷跡が残ることがある
痛みを伴うことがある

ハサミを使って切除する方法は皮膚科の治療方法としても利用がされています。そのため、わたしも自分で取る方法として選びました。

しかし、病院の医者が行うのと経験もない素人のわたしが行うのとでは別問題です。

ハサミも消毒がされている訳ではありません。そのため、ばい菌が入り込んで別の肌トラブルに悩まされることもあります。なにより、首イボのどの部分を切り取れば良いのかも分かりません。

もともとは皮膚から排出されるべき角質です。そのため、切除をしても問題がある訳ではありません。
しかし、どの部分から切り取れば良いのかは全く分からないのですね。

浅く切ってしまうと肌を傷つけるだけで意味がありません。
深く切ってしまうと傷跡が残ったり激痛がはしることもあります。

ハサミを使って切除する方法はすぐにでも行えて費用も掛からないのですが、デメリットが多いのですね。
なにより切り除いたとしても本来の首イボの原因であるターンオーバーの乱れを解決ができている訳ではありません。

そのため、再発することが非常に多いだけでなく、傷跡と痛みのデメリットが2つあるのですね。

ハサミではなく薬か化粧水を使うことにした理由

首イボを自分で取る方法としてハサミで切り取る方法を選んだのですがやめることにしました。
その理由としては3つあります。

医療の専門である医者ではない
深く切って真皮まで傷つけると傷跡が一生残る
再発をするので結局はケアが必用

傷跡や痛みもあるのですが、きっぱりとあきらめた原因としては再発をするのでケアが必要なことです。
試しに痛かったら止めてみようなんて考えてはいたのですが、結局、ケアをしなければ意味がないのを知りました。

全く原因を解決できていないので首イボが沢山増えてしまうのですね。
実際にわたしの現状も首に角質粒がぽつぽつと20個ぐらいあります。

痛い思いや傷跡が残るリスクを負ってもそれでは意味がないと思ったのが大きな理由です。

そのため、自分で取る方法として薬か化粧水を使うことにしました。
この2つの方法であればハサミで切るデメリットとは違い、痛みや傷跡の心配も必用ありません。

それどころか肌の改善をすることで原因であるターンオーバーの乱れの解消を行うこともできます。
ようするに予防も同時に行うことができるのですね。

以上の理由からハサミではなく薬か化粧水を使って首イボを自分で取ることにしました。

【悲劇】首にぽつぽつとイボがたくさんできた!首のイボを自分で取ると決意


鏡を見たら首にぽつぽつと沢山イボみたいなのができました。
調べてみると、これは首イボと呼ばれる角質が集まってできる角質粒です。

年を重ねるほどに発症をする人が急激に増え、50代以降となると多くの人が首イボに悩まされています。
そのため、老人性イボなんて呼ばれ方をします。

確かにおじいちゃんやおばあちゃんで顔や首にイボができている人っていますよね。
しかし、わたしはまだ20代の前半だし、就職をして社会にでてからも3年しか経っていません。

老人性イボなんて呼ばれ方をしているのですが、首のケアがしっかりとできていないと発症をしてしまうみたいです。
首イボがたくさんできる原因で詳しく解説をしているのですが、紫外線対策ができていなと特に発症がしやすくなるのですね。

最初に気づいたときはショックでした。
外を出歩くのも恥ずかしい・・・でも仕事へは行かなければならない。

そのため、なんとか治療をしようと思いました。
その体験談をここでは紹介しようと思います。

首のイボを自分で取る方法を選びました

首イボの治療方法は病院で取るのか自宅で取るのかと2種類の方法があります。

最初は早く治したいって気持ちもあったので皮膚科へ行くつもりでした。
でも、東京のような都会とは違い田舎なので自宅のそばに病院もある訳ではありません。

でも、仕事を休んで行くこともできない・・・。
正直な話、めんどくさいって気持ちも少しありました。

でも最初は病院で治療をしてもらい取ろうと思っていました。
しかし、調べてみると病院で治療をしても再発をしたって口コミを多く見かけました。

病院へ行けば液体窒素やハサミを使って取り除いてはくれます。
しかし、ケアをして肌力を回復させている訳ではないので再発することも多いのです。

皮膚科での手術後にケア用の化粧品などが処方されることはあるみたいです。
それなら自分で自宅でケアできる方法を最初から選んだ方が良いのではないかと思ったのです。

そのため、首のイボは自分で取る方法を選ぶことにしました。

首のイボを自分で取る方法を選んだ理由

首のイボを自分で取る方法を選んだ理由としては3つあります。

・費用が安くできる
・会社を休まなくて良い
・手間がかからない

自宅で出来るのであれば病院へ行く手間もかからないですし、通院をする必用がないのは20代のわたしとしてはありがたいです。
そうそう簡単に会社を休んだりすることもできないですからね。

また、どうせ病院で除去をしたとしてもケアをするなら自宅で行えば良いやって思ったのも理由のひとつです。

実際に首のイボを自分で取る方法を選んだ人は口コミや知恵袋などの質問掲示板を見ると多く、効き目があったような評判の良いグッズも多いです。

薬局やドラッグストアへ行けば薬が市販されていますし、通販であれば首イボ用の化粧品も販売がされています。
また、自分でハサミを使って取る方法もあるみたいです。

このどれかを選べば良い訳ですし、選択肢の幅も広いと思ったので自分で取ることにしました。
この時に思ったのはハサミを使って取ることをまずは選んでみようと思いました。

首イボがたくさんできる原因!なぜぽつぽつと首に増える?

気づいたら首にイボができたって人は多いです。
それも時間が経てば経つほどぽつぽつと沢山増殖してしまう。

こんな経験をしているは男子や女子に関係なくいます。
このイボは老人性イボや角質粒と呼ばれ、年齢に関係なく発症することがあります。

そのひとりがわたしでもあります。

首イボの原因はウイルスだと勘違いされやすいですが、それは大きな間違いです。
首のケアがしっかりとできていないことにより、角質が残ってしまったことです。

その角質が集まって作られるのが角質粒と呼ばれる首のイボなのですね。

首にイボができる原因は肌力の低下

首のイボは角質の集まりですが、具体的な原因としては肌力の低下によるターンオーバーが関係をしています。

肌は常にターンオーバーと呼ばれる働きによって1ヶ月から3ヶ月の周期で新しい細胞へと生まれ変わっています。古い皮膚を外に排出をしては新しい皮膚を作りだしているのです。

からだを洗えば垢や角質がぽろぽろと落ちることがありますよね!?
それが皮膚から排出がされた古い角質なのです。

しかし、首のケアがしっかりとできていなければこのターンオーバーの周期が乱れてしまいます。角質を剥がす働きが上手く働かないようになるので、肌から排出されず皮膚に残ってしまうのですね。

その集まりが角質粒となり首イボとして出来上がってしまうのです。
首イボの原因はスキンケアがしっかりとできていない為に角質が肌に残ってしまうことなのですね。

顔のスキンケアを毎日している人は多いです。クレンジングで化粧を落としては化粧水によるケアをする。しかし、首のケアまではしていない人が多いので肌力が低下をして、首イボの原因へと繋がってしまうのです。

首にイボができやすくなる具体的な原因

首までスキンケアをしている人は聞いたことがほとんどないかと思います。
しかし、あなたには首イボができてしまっています。

首のケアをしていなくても人によっては発症をしない人もいるのですね。

原因は肌のコンディションが大きく関係しています。遺伝によって乾燥がしやすいなどもありますが、それは大きな要因ではありません。

肌力を低下させる一番大きな原因は紫外線によるダメージです。肌の老化する原因の80%は紫外線によるダメージとも言われており、それほど悪影響を及ぼす効果があります。

そのため、外出する時間が多かったり、運動部など日光を浴びる時間が多いにも関わらずしっかりと紫外線対策ができていなかった人は肌年齢が実際の年齢より歳を重ねてしまっていることになります。

そのため、首イボができやすい大きな原因となります。

また、乾燥肌の人は特にきちんとケアをしなければなりません。汗をかきづらいなどの原因で肌が乾燥をしやすいって人もいますが、乾燥肌は遺伝によるものではありません。脂性肌やオイリー肌など色々と肌質はありますが、スキンケアをきちんとできているかや日ごろの生活によって変化をしています。

そのため、乾燥肌と感じている人の多くは保湿がしっかりとできていないことにも繋がるのです。
肌の角質を剥がす働きであるターンオーバーは乾燥をしていると上手く働かないことが多いです。

そのため、首イボができやすい人の特徴でもあるのですね。

首イボの原因のまとめ

首のスキンケアをしていなかったでの首イボができたからといってあきらめる必用はありません。
わたしも実際に同じ経験をしており、角質粒には悩まされてきました。

首のイボができる原因は2つです。

紫外線による肌ダメージ
首のスキンケアができていない

特に乾燥肌の人はターンオーバーの周期が乱れ、首イボができやすいので注意です。
首イボの原因からも分かるとおり、取りたいのであればケアをして、ターンオーバーを促進させることが重要となります。